一年に一度の大仕事

新たなサービス導入によってもらたらされた希望

その先にある希望に向かって

IT社会に希望を持っている方が多いのではないでしょうか。今後も急成長が期待できるIT業界だからこそ、その業界で骨を埋めようとする方がいると思い、多くの人がITの力の恩恵を受けられるように尽力していこうとする意志の強さを感じるのです。

ポジティブ思考の持ち主は、往々にして希望を胸に抱いているのではないかと考えられて、希望がある以上は、諦めない気持ちを絶やすことがないと思います。IT企業に貢献することで、たくさんの希望を作り出せるはずだと信じている方は、「俺の存在は多くの人を幸せにするためにあるのかもしれない。

IT企業で働くことに適性があると知った以上は、今居る企業で力の限り頑張るべきだ」と思っているのではないでしょうか。希望が生きる力を生成していると言っても過言ではなくて、東日本大震災で被災している方々が生きることを諦めずに前進している姿があるのは、他ならぬ希望があるからなのです。希望が尽きようとしている覇気を奮い立たせていき、命が続く限り、自分の力でできる範囲で社会貢献をしていこうとする意識喚起を促すのではと思います。

この命は自分のためだけではなく他の人を救うためにあるものだと感じたときに、想像以上の力が漲るようになるかもしれません。今日の社会活動があるのは、先人たちが希望を捨てずに何度も立ち上がって日本を築き上げていこうとする意地と誓いがあるからではないでしょうか。希望から紡がれる生きたいという強い想いが日本を強くしていくのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です